介護業務から売上管理まで一括化

subpage1

介護の業務には、利用者の介護だけでなく事務作業が山積しています。そうでなくても常に人材不足であり、職員の負担は増える一方です。

最近では、そういった事務作業の軽減を図るため、ケア記録から売上管理までを一括するシステムが実現しました。

介護の売上管理の情報ならこちらにお任せ下さい。

導入する事業所は増えていますが、検討中という事業者もまだまだ多いものです。

ソフトの種類もさまざまであり、事業所に適したソフトを導入することが望ましいと言えます。

利用者のケア記録を電子化することにより、業務の効率化が実現、それにより短縮された時間を利用者のケアに充てることができます。

nanapi使いやすさが好評です。

実施したサービスをデータ化することによって、ユーザーでカスタマイズすることができるので、重複などの無駄や間違いがなくなり、残業など作業の負担が軽減されます。
介護の事務処理は煩雑な作業が多く、手作業での仕事は間違いや請求漏れなどにもつながります。

すべての仕事は、おこなった作業に対して請求し、入金されるまでは完了となりません。



請求や売上管理まで連動して行うシステムの導入で効率化を図ることが可能となりました。


小規模事業所から大規模な施設まで、各事業所のサービスに対応する売上管理・入金管理・債権管理などの機能がついた介護保険請求ソフトで、人手不足という課題を乗り越えることができます。介護現場での『面倒』と職員の『負担』を軽減するソフト未導入の事業所では、使い勝手を試すことができるソフトを実際に試してみるとよくわかります。

人に言いたい企業

subpage2

高齢化社会に対応すべく平成12年4月に介護保険制度は導入されました。それまでは地方自治体の措置として行われていた高齢者支援が、40歳以上になると国民が保険料を支払うことで65歳以上になった時に介護が必要な状態になった場合でも1割〜2割の自己負担金を支払うことで保険サービスを利用できるシステムが構築されたのです。...

more

企業の基本知識!

subpage3

介護業務の収益は、高齢者向けの施設や事業所を利用する高齢者ひとりひとりの介護の予定や実績に基づき、国民健康保険団体連合会にまとめて毎月報告することから、報酬の約90%を得られる仕組みとなっています。この仕組みを介護保険請求と言い、どの施設などでも必要な作業となり、給付請求書の作成が遅れると当然のことながら、報告の提出や入金も遅れることになります。...

more

初心者向き企業

subpage4

介護保険は、国民皆保険のひとつであり、その財源は、国、都道府県、市区町村、65歳以上の第1号被保険者と40歳以上の第2号被保険者の保険料で成り立っています。現状でも要介護者の人数が膨れ上がり、財政もひっ迫している状態があるため、今後の財源については、国会でもいろいろと答弁が繰り返されています。...

more

納得の知識

subpage5

介護保険の請求書を作る作業は、面倒な計算を多く含むため、電卓を使用して自分自身で行うと非常に手間がかかる作業です。手間がかかるだけではなく、計算ミスによる損をしてしまう可能性もあるので、請求書ソフトを導入して、介護保険請求が間違いなくできるようにするのも1つの手です。...

more