介護の売上管理に求めらえる事とは

subpage1

高齢化社会に対応すべく平成12年4月に介護保険制度は導入されました。


それまでは地方自治体の措置として行われていた高齢者支援が、40歳以上になると国民が保険料を支払うことで65歳以上になった時に介護が必要な状態になった場合でも1割〜2割の自己負担金を支払うことで保険サービスを利用できるシステムが構築されたのです。
保険制度の導入によって多くの民間企業もこの業界に参入してきました。



福祉サービスの展開は初めてであったとしても、経営や売上管理は民間企業にとっては今までのノウハウがあります。


そのノウハウを活かしながらも、社会福祉の業界であるからこその経営や売上管理が求められているのも事実です。
介護の売上管理は非常に複雑になっています。
どこの事業所にとっても売り上げの大半を占める介護報酬は、実際に提供されたサービスに基づき支払われます。

NAVERまとめ情報が揃っています。

その一部の費用を利用者自身に、残りは保険料などから支払われる報酬として国民健康保険連合に請求を掛けます。

この報酬に関しては、実際に提供したサービス利用日や利用者の要介護状態などによって変わります。

事業所の運営するサービスの種類によっても加算内容などが変わる為に、齟齬のない請求が義務付けられています。



その他の売上は例えば入所施設であれば、利用者自身から徴収する食費や光熱費、レクレーション費や入居費、管理費などがあります。それらの費用も保険の法令に基づき厳格な管理が義務付けられています。
実際にその用途以外で使用する事は出来ず、徴収する金額とその用途も実地指導などで確認されます。
保険制度を利用した公的なサービスであるからこそ、厳格な売上管理が求められるのです。
これらの売上を厳格に管理するために請求ソフトなどが役に立つのです。