IT導入でスムーズな介護事務の売上管理

subpage1

介護業務の収益は、高齢者向けの施設や事業所を利用する高齢者ひとりひとりの介護の予定や実績に基づき、国民健康保険団体連合会にまとめて毎月報告することから、報酬の約90%を得られる仕組みとなっています。

この仕組みを介護保険請求と言い、どの施設などでも必要な作業となり、給付請求書の作成が遅れると当然のことながら、報告の提出や入金も遅れることになります。
この給付請求や売上管理業務は、10人ほどの少人数であれば自力でもさほど時間がかからずにできますが、50人を超える大規模な施設や事業所ではそうとうな負担となり、専念するスタッフや専任の事務職員を配置することが必要です。
専任の職員を配置するには人件費がさらにかかることから、介護システムやソフトを導入している施設などが増えています。



システムやソフトを導入することにより、煩雑な帳票の記入や給付請求業務も簡単な入力で済むことになり、スタッフの事務時間の短縮や負担の軽減にも役立ちます。
施設や事業所の売上管理もこのシステム内でできるため、仕分や帳簿の記入などのアナログな事務からも開放されるのがメリットです。

安心をコンセプトにしたT-SITE情報が手に入ります。

事務負担を軽減し確実な売上管理やスタッフの給与計算、請求業務が楽になるだけでなく、介助スタッフと事務スタッフを兼ねていた場合には、介助の仕事に専念できます。
それに伴い手薄になりがちだった月末から提出日までの間も、利用者の方により良いサービスが提供できるということです。